宇宙

<<  2006年07月 >>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

勉強のタイトル
打ち上げるのも楽ではない
意外と涼しかった曇りの土曜日
スリーセブン

カテゴリィ一覧
 サメ(20)
 NC(8)
 うた(13)
 道具(19)
 宇宙(3)
 世界(13)
 子犬(2)
 衣類(3)
 自動(6)
 化学(3)
 読書(12)
 遊び(22)
 食事(54)
 映画(4)
 芸能(10)
 大学(14)
 右脳(4)
 身体(16)
 海馬(4)
 地震(3)
 日記(148)
 真理(39)

内部リンク
日々これ勉強のトップ
森博嗣で森日和
絵が犬好き!
プロフィール?

外部リンク
森博嗣の浮遊工作室
MORI LOG ACADEMY
PRAMM(森博嗣ファンクラブ)
iTnues Music Store



打ち上げるのも楽ではない
とりあえず、スペースシャトル・ディスカバリィ号の打ち上げが成功したようでおめでとうございます。誰に向けて言ってるのか自分でも判りませんが、このサイトでこの話題を取り上げないわけにはいきません(ほら、こうやって言い切ってしまえばそれっぽいでしょう?)。前回の事故は地上への帰還時に起きているので、打ち上がっただけじゃまだまだ予断を許さないとは思いますが、スペースシャトルは過去に打ち上げ時の事故もありましたからねぇ、多数のロケットを打ち上げてきてどこの国よりも多くの経験を積んでいるNASAとは言え、打ち上げ時は毎度のことのように緊張の一瞬であるに違いありません。久々の打ち上げとなればなおさらです。だからまずは無事打ち上がったことにおめでとうなのです。

森先生の言葉を借りれば、乗り物の危険度が一番高いのは境界付近にいるときで、飛行機で言えば地面と大気の境界に一番近くなる離陸と着陸時が最も危険なのと同様に、宇宙船でも地面から離れるときと着陸のときが危険なのは明らかでしょう。さらに宇宙船の場合は、宇宙空間から大気圏への再突入時もある種の境界を通過することになるので、その瞬間も危険度がぐんと高くなるでしょう。前回のスペースシャトルの事故なんかがその例ですね。打ち上げ時に被った断熱材の剥離が原因で機体が摩擦熱に耐えられなくて空中分解してしまったと見られています。大気圏への侵入角度によっては飛行機が地面に墜落するのと同じような状態になる可能性もあるでしょう。同じようなアクシデントが今後も起こる場合を考慮して、今回は任務のひとつとして、宇宙空間に出てから機体の破損を修理する技術の確認と試行を実施するというのだから、NASAもなかなかチャレンジャだと思います。まあもちろん、まずはその問題を解決しておかないとその後の有人飛行計画が進まないわけですから、当然と言えば当然なんですが、本当に破損していた場合にもその技術で実際に修理して地球に帰って来ないといけないことを考えると、リスクは大きいなあと思えるのです。万が一上手く行かなかった場合は、宇宙ステーションに乗組員たちは避難して次のスペースシャトルの救援を待つことになっているそうなので、一応安心はできますが、逆に修理が上手くいったと判断できた場合、いざ帰還しようとするときの不安はあるでしょうね。なんせ修理した機体で大気圏に突入するのはそれが初めてのテストになるんですから。もし見落としがあったら・・、とか考えると怖くなります。って、そんなのは有人飛行を伴う宇宙開発には始めから付き物か。宇宙空間に出ること自体はいつでもぶっつけ本番ですもんね(当然地上でのテストは繰り返しているでしょうけど)。そういう意味では毎回のミッションが命がけのテストだとも言えます(言わずもがなか)。将来、今の飛行機に乗るような感覚で宇宙空間を旅行できる日が来れば良いですね。

さて、台風一過の水曜日。今日は夕方になってソフトボール大会へ向けての練習を初めて行いました(講座の有志数人で)。実は明日が大会本番です(笑)。まさに付け焼き刃。こんなんじゃ大した結果も残せないような気はしますが、まったくボールに触れずに本番を迎えるよりかはまだましでしょう。実際練習してみて、手首の状態がいかにボールを投げられないかということは確認できました(ダメじゃん)。そうかと思えば、バッティングの方は痛々ながらも意外と打てるということも判ったので、痛し痒しです(意味不明)。あまり本気でボールを投げる必要のないキャッチャかファーストあたりの守備ならできるかもしれません。バッティングも当てるだけなら簡単、叩き付ける球もなんとか打てるのですが、手首の痛さと肘の痛さが邪魔をして、打ち上げるのは楽ではありません(それが言いたかっただけか)。スペースシャトルは上がっても、僕の打球は滅多に上がらないでしょう。たとえ上がってもフライアウトが関の山。明日はせいぜい怪我をしないように頑張りましょう。
2005年07月27日(水) 21:27:51   No.59 (宇宙)

意外と涼しかった曇りの土曜日
自分で作っておいて言うのもなんですが、カテゴリィの数が多いわりに書こうと思うことにうまく合致するカテゴリィがなくて困ります(笑)。じゃ、新たに作ればいいじゃないかって? まったくその通り、異論はございません。それでもまあ、面倒なので、しばらくはできるだけこじつけてカテゴリィを選択していこうかなと。あるいは全然関係ないカテゴリィでも気にせず使うというのありかもしれない(カテゴリィ分けする意味ないけど)。

そんなわけで、今日は天気の話でも書こうかと思ったのですがカテゴリィにないので、仕方なくなんとなく近そうな「宇宙」を選んでみました。天気は天、つまり空の上の現象に関することなので、地球上では宇宙に一番近い事柄だと言うこともできます。宇宙と書いて「そら」と読む人もいるみたいですし、あながち的外れではないかもしれません。というかこの世の事は突き詰めていけば何かしら宇宙に関係しているのは当然(女性の心理は宇宙とは関係なく独立して存在していて解析が不可能に思えますけど)なので、カテゴリィは毎日「宇宙」でも良いんじゃないかと思いますが、それひとつだけだとそもそもカテゴリィの項目を用意する意味がなくなるのでさすがにそこまではしないつもりです。だからと言ってデタラメなカテゴリィ分類をするのも、同じくらい意味がないか、読む人にとってはむしろ余計に迷惑な話かもしれません。まあそのへんはご勘弁を。大らかな心で見守っていただけるとありがたいです(にっこり)。って、今のところ見守っているのは自分以外にいませんけど。

しかし毎日本題に入る前の御託が多くてうんざりしますね!(笑) もっとスムーズな日記が書けないもんでしょうか。というわけでスパッと天気の話です。今日は土曜日でしたが朝からそれほど快晴ということもなくいわゆる行楽日和じゃなかったかもしれません。とはいえやっぱり夏なので、昼間はそれなりに気温も高くなり、窓を開けていたらしだいに部屋の中も暑くなってたまりませんでした。スパゲティをブランチに食べたあとは思わず窓を閉めてカーテンも閉めたほどです。もちろんクーラが無いのに窓を閉め切っているわけですが(苦笑)、開けているよりは暑さがましになったかなと思えるくらいには効果があったと信じています(信じてないとやってられません)。そうやってしばらく家の中で過ごし、夕方頃になってようやく家を出たのですが、なんか意外と涼しくなっていて家の中よりも快適でした(笑)。おいおい、外の方が風もあって涼しいじゃん!ってなもんです。シャワーを浴びた直後だったせいもあるかもしれませんが、昼間も曇っていたせいで、そんなに地面の温度も上昇しなかったことが夕方になって効いてきたのでしょうか。いずれにしても昨日までの暑さはなく、大学へ行く道中も汗をかきませんでした(大した距離ではないですが)。

夜はF1ドイツグランプリの予選の模様をweb上のライブタイミングで文字情報だけで観戦しつつ、コンビニで買ってきたおにぎり等を夕食に食べました。大学の研究室はクーラが付いてて当然涼しくて過ごしやすいです。だから夏はついつい居着いちゃいますよね〜。まあ、冬は冬で暖房があるから居着いちゃうし、その他の季節も気候関係なく居心地が良いので居着いちゃってますけど(笑)。それはそうと、どうやら関東の方で比較的大きな地震(規模は小さいけど揺れは大きかった)があったようで、知り合いに大きな被害が出てないかちょっと心配。電話が繋がりにくくなってるとかはあるのかな(掛けてないから判らない)。8月のJAMコンベンションの頃には地震も遠慮してほしいですね。もちろんそれ以外の時期でも遠慮してほしいですけど、あの場所に東京がある限り地震の被害は免れませんからね。もともと東京は弱い地盤の上に発達している危うい都市ですから、根本的な地震対策をしようと思えば都市を丸ごと山間部に移転するしかないでしょう。住むにはそれなりの覚悟が必要だと思います。この東海地方も例外ではないですが。

と最後に地震の話をしておけば、少しは「宇宙」に近づくかなぁと思ったのですが、むしろ天気よりも宇宙から離れてるかも(笑)。地面に潜ってるし。地球というカテゴリィを作るべきか・・。

っていうか、今気づきましたけど、「地震」っていうカテゴリィがすでにあるじゃん! なのに宇宙ってなんだよ!(笑) くそう、そっちにしとけば良かったのかぁ(あとから変更はできるけど、悔しいのでこのまま)。自分でカテゴリィを把握していないのがバレバレですね。とほほ。
2005年07月23日(土) 23:39:46   No.55 (宇宙)

スリーセブン
本日木曜日は7月7日の七夕です。昨日のタイトルは狙ったわけではありませんが、7番目とか言って7という数字を使ってしまって結果的に七夕を迎えるにあたっての前振りみたいになりましたね。深層心理では意識していたのかもしれませんが。しかしそれ以上に今日は寝起きから狙ってないのに揃っちゃった度が高かったです。たまたま寝て起きたらちょうど7時で、7月7日と合わせてスリーセブンと相成りました。寝起きに切符が発行されるのであれば、記念に買っていたところかというと、そうでもありません。そんな朝目が覚めたぐらいでいちいち切符を買うなんてことしないでしょう普通の人間は(<普通の人間は寝起きに切符が発行されるという意味不明な仮定の話を思い付いたりしない)。えっと目覚ましに毎日ラジオを使っているのですが、7時に目覚めたからといってラジオが7時ちょうどにスイッチが入るようにセットされているんだなと思ってはいけません。そんな世の中単純ではないのです。実はもっと前の時刻にセットしてあるのです。たしか午前5時半だったでしょうか(早すぎ!)。っていうか、その時刻には全然起きれていないこと、つまり単に寝起きが悪いだけということを今日のスリーセブンは意味しているわけですね! 世の中意外に単純なこともあります。は〜こりゃこりゃ。

ところで七夕ですが、名古屋の空は一日中あいにくの曇り空でした。夜になった今も星は確認できません(気づいたら目を瞑っていたからではない)。ハリウッドのスーパースター、トム・クルーズとシルエットが似ていると言われる(特に足が二本あるところとか)私ですが、残念ながらスターではありません。もし私がスターだったら迷わず、空に星は無いけどここに僕というスターがはっきり確認できる、と日記に明記したことでしょう。トム・クルーズもきっと今日は日記にそう書くだろうと思います。

トム・クルーズといえば、映画『宇宙戦争』が話題になってるようななってないようなですが、いずれにしても観てみたい映画なので、近いうちに観に行くつもりです。週末には『スター・ウォーズ エピソード3』も始まってしまうので、もしかしたら明日にでも『宇宙戦争』は観に行くかもしれません。『宇宙戦争』と七夕ってたまたまですが、どちらも宇宙に関係していますね。我ながら上手い具合に話題が繋がっているな、と書きながら感心しています(笑)。というわけでカテゴリィは宇宙にしてみました。願い事はいっぱいありますが、それを書く短冊を用意していないなあ。最後に短冊に願い事を書いたのは、3年くらい前にディズニーランドに行ったときかもしれません。短冊が短冊型じゃなくてミッキーの顔型だったのを覚えています。願い事の内容は忘れました。もう叶ったのだろうと思っておいた方が幸せですね。さて今年の願い事は何にしよう・・。
2005年07月07日(木) 21:56:13   No.38 (宇宙)

 OR AND
スペースで区切って複数指定可能

2006年 /
01月 / 02月 / 03月 / 04月 / 05月 / 06月 / 07月

2005年 / 06月 / 07月 / 08月 / 09月 / 10月 / 11月 / 12月


Go Home日々これ勉強のトップページへ戻る

[管理用] [トップへ]
shiromuku(fs4)DIARY version 3.22