【独りシヴァタ】

Everytime He Meets You

過去分 ->

◆ 2004/2/9 (23:54) “リンゴ狩り”

すみません。土日は一年ぶりのスキーに行ってました。
行き帰りの交通手段はバスです。なかなか安くて便利。
そんな道中で見かけた看板にあったのが「リンゴ狩り」の文字。
近くにリンゴはなってませんでしたが、道の駅には1個
150円のリンゴが置いてありました。今の時期はちょい高めですね。

◆ 2004/2/6 (13:13) “いちご狩り”

梨狩りやぶどう狩りには行ったことがあるような記憶ですが、
たぶん、いちご狩りには行ったことがありません。
いちご狩りって季節感がなくていつが旬なのかいまいち判りませんね。
主にハウスの中でやってる印象しかないんですが、外でやるいちご狩りも
存在するのでしょうか。
今思い出しましたけど、実はいちご狩りをしたことがありました。
ただしそれは、父方の田舎で育てていたいちごをハウスの中で採って
食べさせてもらったという意味です。
いちごは砂糖をつけて食べるのが好きです。

◆ 2004/2/5 (8:50) “目一杯”

何事もなかったかのように昨日の書き忘れを払拭するべく
朝からしりとりです。もうすぐ卒論生の発表練習会が始まります。
今日の言葉「目一杯」です。今の状況を如実に表している言葉
じゃないでしょうか。もう時間がありません。
ではではこのへんで・・

◆ 2004/2/3 (22:03) “コバンザメ”

いきなりですが、今日の言葉は「コバンザメ」です。
「こ」と聞けばなぜかこれが浮かんでしまいます。
最近この言葉をどこかで聞いたような気がするのですが、
どこだったのか思い出せません。
って書いたところで思い出しました。
確か『AERA』に沖縄の「美ら水族館」のことが書かれていて
研究室の人とジンベイザメの話をしたときにコバンザメの
話題も出たのだと思います。
いいところですよね、沖縄。まだ行ったことがないので想像ですが。

◆ 2004/2/2 (23:55) “日付が変わらないうちに”

前置きは省略します。
「君の夢 僕の思考」の「う」から
今日は「ウミネコ」。
これが浮かんだのは「スキージャンプ ペア」のDVDを買って
それを早速見ての連想です。ジャンプ技の名前ね。

◆ 2004/2/2 (2:15) “って”

またまた一日遅れやん。すみません。
昨日は某コネクションのオフ会で夜まで呑んでまして・・。
と言い訳しつつ、昨日の続きをば。
積み木の「き」からということで、
今日は「君の夢 僕の思考」でどうでしょう。

本のタイトルもありなのか?という声が聞こえてきそうですが、
まあ森先生の作品に限ってはありということでひとつ。

◆ 2004/2/1 (3:06) “あ”

言ってる尻から書き忘れてるし。
一日ひとつのしりとりも無理なのか・・。
とりあえず昨日の分を書きましょう。
えっとでは、「積み木」でお願いします。

なぜ積み木かといえば、最近「ジェンガ」に触れる機会があって
そこからの連想で積み木が浮かんだしだいです。
っていちいち解説を加えなきゃいけない趣向なのか?

◆ 2004/1/30 (15:02) “さて”

ここもすっかり更新が滞っていますが、表をいつまでも更新しないのは
忍びないので、せめてここだけは何かしら書き続けましょうか。
う〜んと、じゃあ、独りしりとりでも(笑)<ありがち。
一日ひとつならなんとかなるかもしれません。

まずは、右手首の痛みの原因である「尺骨突き上げ症候群」
っていきなり「ん」で終わってんじゃん!

えーと、気を取り直して、「尺骨」、「しゃっこつ」ね。

◆ 2003/10/4 (14:59) “3日目”

最終日はのんびり起きて7時過ぎ。
7時半から朝食。布団をたたんで部屋の掃除をして9時に出発。
さらば青少年の家。
午前11時頃神岡町役場近くの河原でマイロナイト観察。
ちょっと判かりにくかったかも。
12時までそこで時間をつぶし、お昼は奥飛騨温泉郷の道の駅へ。
お弁当を食べ、五平餅も食べ、土産を買う。2時頃出発して、近くの河原にすぐ降りて、栃尾累層の砂岩を観る。
二つの横ずれ断層に挟まれたところにできたくぼみに溜まった層らしい。
最後に記念集合写真を撮って、午後2時半過ぎに名古屋に向けて帰路に就く。
8時頃には着くだろうか。

◆ 2003/10/4 (12:40) “天文台しかし曇”

昨夜は7時前に宿を出発。約1時間で富山市天文台に到着。
ただし駐車場からさらに800m歩く必要あり。さすがに暗い。
天文台に入って早速望遠鏡のあるところへ。
さっき晴れていた空がいつのまにか曇っていて、火星を観るのがやっと。
そのうち火星も観れなくなって次は天王星にターゲット移動。
望遠鏡の方向転換は速くてスムース。屋根の動きはゆっくり。
しかし天王星もすぐに雲隠れ。
再び現れた火星を観てない人は観て、次にケフェウスミューという赤い星を観る。
それが約30分で次は屋上部分に出て、星座観察。
ということだったがやはり曇で星はあまり観えず。
双眼鏡で観ると綺麗に見えた。雲が。
まあ月も綺麗に観れたので良かった。
9時に天文台をあとにして、10時過ぎに宿に到着。
各部屋でビールなど呑んで12時前に就寝。

◆ 2003/10/3 (18:21) “海岸・雨”

新潟県まで入り、午後2時半頃能生漁港近くの海岸に到着。
そこで化学実験と生物調査ふたつ。
関係ない岩山に登ってしまうのはいつものこと。
途中で雨に降られた。冷たかった。
3時半過ぎには出発し、再び富山へ。
バスの中ではほとんど寝ている。
5時40分青少年の家到着。
6時45分に天文台へ向けて出発するため、夕食とお風呂を済まさなければいけない。
さてお風呂行こ。

◆ 2003/10/3 (13:38) “かぐや姫”

9時半頃、富山市科学文化センターに到着。
まずは実習室で酸性雨の研究をしている方の話を聴く。
その後館内展示を自由見学。
理工展示と自然史展示の二つのコーナがあるが、ほとんどの時間を理工展示の見学に遣ってしまう。いろいろ実験できるものがあって楽しめるからだろう。
子供たちがやたら多かった。
11時10分からはプラネタリウム。上映開始時間ギリギリに入場。
最初こそ秋の星座の紹介があったが、基本的には「かぐや姫」というアニメチックなお話がメイン。
後半は地球環境がどうとかばかりで星があまり見れなかったのは残念。
せっかくのプラネタリウム、変に子供向けにしないでしっかり星を見せてほしい。
そのあと30分間くらい再び展示物を見て、ロビィに集合。
お弁当が配られ芝生の広場で各自昼食。日差しが強い。
午後1時センタを出発。そして高速に乗り一路海岸に向かっている。

◆ 2003/10/3 (8:44) “2日目”

ひとつ訂正。泊まった場所は青年の家ではなくて青少年の家。
昨夜は12時頃にはばったり寝て、今日6時半のチャイムで起床。
7時半から朝食、8時半出発。
本日は主に富山県内を回る予定。

◆ 2003/10/3 (0:19) “おやすみなさい”

6時過ぎに青年の家に到着。
とりあえずロビィに荷物を置いてすぐさま食堂にて夕食。
贅沢は言えないが、給食みたいなメニューでしょぼい。ハンバーグを人にあげたらおかずはほとんどない。
その後お風呂に入って、午後8時からポスターセッション。
お酒を呑みながらの活発な発表が行われた。
誰のポスターが一番良かったかを決める投票が行われて、後片付けをして11時には終了。
しゃべったり寝たり。

◆ 2003/10/2 (16:43) “カミオカンデ”

午後12時半前神岡町に到着。
二班に別れて小型バスで神岡鉱山へ。
バスに乗ったままでトンネル内へ入り2キロほど直進。
カミオカンデ、スーパーカミオカンデの紹介ビデオを観て、その後説明を受ける。
毛利衛さんや小渕元首相のサインもあった。
カミオカンデをあとにして再びバスで移動。
近くの横山衝上断層をこれまた二班に別れて見学。
天然記念物だからか、近づいて岩石を叩くことはできず。
4時20分には引き上げて、只今宿泊先の宿に向かっている。
天気は晴れ。

◆ 2003/10/2 (10:42) “学外セミナ”

旅先からでもここは更新できるので、メモ代わりに。

朝8時T講堂前集合。
参加費を払って8時10分にはバスに乗車。
名古屋から高速に乗る。
途中で車内では自己紹介タイム。自分が学生の中で一番年寄りだということ判明。マイクがしょぼくて全体的に声聞こえず。
10時過ぎに飛騨あたりで小休憩。霧雨が降っていた。
10時40分頃高速降りる。

◆ 2003/9/24 (0:12) “誕生日”

更新履歴にわざわざ書く当たり、
我ながらやらしいなと思います。
いや、別に祝ってもらわなくてもいいんだけどね(強がり)。

◆ 2003/7/4 (23:09) “疾病その後”

そうそう、一部の方にご心配おかけしていた
お尻の痔状ですが、すっかり良くなっています。
座布団を替えたのが良かったのかもしれません。
その他の手首の痛みとか肘の痛みとかは
治る気配がないのですが・・。病院か・・。

◆ 2003/6/25 (16:24) “ひょっとして”

ここ、懲りずに(<こら)まだ見に来てくださっている方いますか?
更新が止まっててすみません。
仮日記として機能させていましたが、だんだん
本家の日記の方が現実に追い付いてきましたので、
ここにはまたそのうちくだらないつぶやきみたいな
ものを書こうと思います。
まあ、期待しないでお待ち下さい。
ブックマークキープでひとつ。

◆ 2002/12/6 (17:39) “焼き芋をすると火事になるだろう”

11/30
さすがに午前6時に寝て午前中に起きるのは至難のわざである。
土曜日は目覚めたら午後2時過ぎだった。キョロちゃんフェアに応募する
ための森永製品(具体的にいうとチョコボール)を一口分買って
用意してあったというのに、このときすでに生協は閉まっている時間で、
最後の一口が応募できなかったのが残念でならない。
午後5時頃大学へ出て来てスタンダードサンプルの測定を開始。
その間次のサンプルの準備をしつつ、袋ラーメンを食べたり、
ネットサーフィンをしたり。
測定終了後、明日の那古野コネクションオフ会のための名刺作りを始める。
今回は餃子パーティなので中華バージョンにしてみたのだが、
思っていたよりも時間がかかってしまい、帰宅したのは午前4時頃だった。
アパートに帰ってみると、いつぞやにも遭遇したことのある恐ろしい
光景を再び目にすることになった。ある部屋の玄関ドアの前に
枯葉が掻き集められ、山のように盛られているのである。
その奇異なる光景は、とても人間業としか思えない(人間業かよ)。
だとしてもそれを実行した人間の精神を考えるとちょっと寒気がする。
まあ住人の知り合いによる単なる悪戯なのかもしれないが、
前にもあっただけにとても気になる。嫌がらせ行為という可能性もある。
いつもは大学に置きっぱにしているデジカメをこのときは運良く持っていたので
証拠として写真を撮っておいた。下のような感じである↓
http://www.interq.or.jp/earth/sibasin/photo12/kareha.jpg
念のために言っておくが、うちの玄関ではない。
ちゃんと朝に起きられるのだろうかという不安を抱えつつ就寝。
ステレオから目覚まし時計から電話のモーニングコールまであらゆる
手段を講じて、早起きするための態勢を整えてから寝たものの、
確実に起きれる保証はない。

過去分 ->

管理者パスワード

i-BBS